頑張れ!!すずき君。: MAIN BACKPACK

2009年10月31日土曜日

MAIN BACKPACK

メインバックの主な中身です。
全部同じでは有りませんが世界一周時も似たような荷物でした。

1. トランプ 旅人はお金はないけど時間ならいくらでも有ります。知り合った旅行者と夜通しトランプなんて事も珍しく有りません。必須です。
2. ダクトテープ(布ガムテープ)破れたザックカバーの補修に。ちょっとした梱包に。有ると非常に便利な一品。必ず撥水のものにしましょう。
3. 洗面用具入れ。モンベルのものでフックが付いているため引っ掛けてシャワーを浴びれたりするので助かる。中身はシャンプーや爪切り。ソーイングセット、耳かき。等
4. 寝袋 こちらもモンベル製。化繊の3シーズン用を利用。冷房の効き過ぎた長距離バスの中、空港泊、汚い宿など有りとあらゆるところで大活躍。このサイズのものが1つあるだけで全然違う。かなりお勧めです。
5. ポンチョ バックパックを背負いながら傘をさすのは億劫なもの。ポンチョならバックパックごと被ればいいのでラクチン。因に広げるとタープにもなるタイプを利用しています。
6. フリース 行く国先々で気温なんてバラバラ。フリース一枚持っているとなんだかんだ助かります。手入れが楽なのが嬉しい。因に写真のフリースはボリビアの古着市で約300円で購入しました。
7. Tシャツ 基本衣服は3枚でローテーション。ロングTシャツも一枚あると便利。
8. 折りたたみ傘 観光中なんかはポンチョは少し恥ずかしい。そんな時にはこれ。
9. 洗濯板 持って行った荷物の中で一番羨ましがられたのがこれ。基本洗濯は手洗いなのでこれが有ると大体の汚れが落ちる。ドンキホーテにて購入。
10. コンタクト 保存液の手配に不安があった為、ワンデー用を半年分購入。移動時などを眼鏡にして節約。
11. 撥水バック小 防水じゃないけれど、ある程度なら水を防いでくれるバック。主に洗濯物を突っ込んでいた。
12. 撥水バック大 圧縮袋だと毎日やり続けるのは面倒だと思い、このバックに衣服を入れていた。もしバックパックが浸水しても最悪これで被害を最小限に押さえられると思われる。モンベル製『ハイドロプロ スタッフバック40L』
13. ザックカバー 旅中は雨用と移動時用の2つのザックカバーを使い分けていた。
14. ゴアテックス製ズボン トレッキングやなんかを意識して持っていった。ほとんどがポンチョで事足りるが、やはり有ると嬉しい。
15. ゴアテックス製ジャケット こちらも同じ理由。ジャケットの場合は普段から着れるのでズボンより利用価値有り。写真のジャケットは防水だがゴアテックスでは無い。
16. 靴下や手袋 靴下は3足ローテーション。手袋はボリビアでアルパカ製のものを購入。
17. プロレスマスク メキシコで購入。以後常にバックパックに忍ばせている。たまに被ったりするが、基本それほど盛り上がらない。でも好き。
18. お守り系 日本を出発する時に幼なじみが持たしてくれた地元のお守り。スペイン巡礼時に付けていたホタテ貝のお守り。
19. 携帯バケツ 折り畳めるバケツ。たまーに水が流れないトイレとかがあるのでそういう時にこれで流す。後は洗濯のつけ置きなど。あったら便利。なくてもどうにかなる。
20. 謎のレンズ カメラの形をしたレンズ。覗くとモノが何重にもなっているように見える。どうやって遊ぶかは秘密。。。
21. 携帯バックパック モンベル製の小さくなるバックパック。待ち歩きなどに便利。
22. パックセーフ ワイヤーでバックパックを包み込み、盗難を防止する。今回オーストラリアから導入。1周時に持っていれば少しは被害が減っていたかも。但し重い。
23. ズボン 短パン2枚と麻の長ズボン1枚。あとは水着が一枚。ジーンズは重いので一周時は持っていなかった。

写真に写っていないもので持っていったのは、サンダル。ヘッドライト。コイル式電熱機。洗剤。十得ナイフ。膨らませる枕。調味料等や小説なんかを何冊か。
特にヘッドライトは必要。あとは、マットやテント、ガスバーナーなんかも途中で購入して持っていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿