頑張れ!!すずき君。: Around The World Ticket No2

2009年10月31日土曜日

Around The World Ticket No2

ここでは細かいルールと実際のルートをご紹介します。

最初に以下のルールはワンワールドのものであって、その他の連合が発券しているチケットに関しては各自でお調べください。
以下のルールはワンワールドが定める全ての規則をを紹介しているわけではありません。
また、2008年8月時点でのルールとなっております。以上の事のご理解お願い致します。

  • 大陸制。3・4・5・6大陸と大陸間を移動する数によって航空券の値段が違う。
  • 大陸はアジア・北米・南米・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニア
  • 乗れる飛行機はワンワールドに加盟している航空会社のみ
  • 各大陸ごとにフライトできる回数が決まっている。また全体で16回まで。
  • オープンジョーも1回。経由も1回にカウント。
  • 大陸は一度出たら戻って来れない。(例外もあり)
  • 発券迄に全てのルートと発着日を決めていなければならない。
  • ルートを変えるのは有料。日付を変えるのは無料。
  • 1年間有効なオープンチケット。
以上が大まかなルールです。

出発前に全てのルートを決定していなければならない為に
旅行のおおまかな道筋を立てなければなりません。

実際使ってみての情報
  • ルートを変更したい場合は現地デスクは勿論の事、電話受付でも変更できます
  • 日本のフリーダイヤルに発信する事が出来ないスカイプではJALのアメリカ支店(+18005253663)が通話料無料なので非常に便利
  • シーズンによる値段の変動が無いため、値段を気にせず好きな日にちで予定を組める

では、実際に発券した当時のルートです。
白矢印はフライトを赤矢印はオープンジョーを表しています。

日本(成田)
↓08/09/15
メキシコ(メキシコシティ)

グアテマラ(グアテマラシティ)
↓08/11/16 
アメリカ(マイアミ)
↓08/11/17
ペルー(リマ)

チリ(サンチアゴ)
↓08/12/30
チリ(イースター島)
↓09/01/05
チリ(サンチアゴ)
↓09/01/10
アルゼンチン(ブエノスアイレス)
↓09/02/01
スペイン(マドリッド)
↓09/05/01
エジプト(カイロ)
↓09/05/10
イギリスヒースロー)
↓09/05/20
フィンランド(ヘルシンキ)
↓09/05/25
インド(デリー)

シンガポール(シンガポール)
↓09/06/01
日本(成田)

結果としてはエジプト後にルート変更しました。 (実際のルートについてはこちら
理由としては危険なイメージが有り当初は行かない予定だったアフリア大陸と中東に行ったためです。
またスペイン以降、急に日程が詰まっていますが、これは発券当時半年先までの予約しか取れなかった為です。

このルートを選んだ理由は以下の事になります。
  • 出発当時北半球は夏だったので、だんだん寒くなるより暑くなる方が良かった。だから東周り。
  • アメリカやカナダは今後も比較的行きやすい為今回はパス。(ヨーロッパも同じ理由)
  • イースター島かガラパゴス諸島か悩んでイースター島。なのでエクアドルへは行かずマイアミからペルーのリマへ。(結果としてガラパゴスも行った為マイアミからキトへ飛んだ方が良かった。)
  • ボリビアのウユニ塩湖へは行くと決めていた。またウユニからのチリ抜けツアーを利用するつもりだったので、ペルーのリマからオープンジョーでチリのサンチャゴへ。
  • フライト回数制限や時間的な問題でブラジルは断念。(結果、凄く後悔)
  • もしかして、中東やアフリカに行くかもしれなかったので、一応行きやすいエジプトを押さえておく。(結果ルート変更をした為、この選択は正解)
  • アジアに入ってしまえば、1年を過ぎて世界一周券を捨ててしまっても格安航空券が簡単に見つかり金銭的なダメージは少ない。と考えアジア以降は適当。
どうしても、旅先で当初予定してなかった場所に行きたくなります。
その時に1周券が足枷になってしまう事のないように下調べが大事です。
また、1周券のルートと日程にとらわれ過ぎて、折角の個人旅行を満喫できないのは勿体ないです。
しかし、予定が無いと沈没しがちになってしまう人にはテキパキ効率的に動けるのでお勧めです。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿